ボストン留学におすすめの語学学校3選【申し込み手順も解説】

1382

View

スポンサーリンク

アメリカ・ボストン留学を検討中の方に向けて、留学メディアが選ぶおすすめ語学学校を紹介します!ボストンにある語学学校の申し込み手順と注意点も解説。

失敗しない!留学プランを【無料で】知りたい方

留学の個人手配サポート「ラングペディア」がオススメの語学学校を無料で提案します。

必須興味がある国(複数選択可)
必須予定の渡航時期
 年  頃
質問・ご要望
必須お名前
必須メールアドレス
携帯メールなどフィルタ設定をご確認ください

個人手配サポート「ラングペディア」の利用規約 及び プライバシーポリシー に同意する。

1営業日以内にラングペディア(support@langpedia.jp)から返答致します

ボストンのおすすめ語学学校3選

1. FLS Boston Commons(FLSボストンコモンズ)

FLS Boston Commonsの生徒

ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学やボストン大学など名門校が集まるボストンの中心地にある語学学校です。

専門スタッフによる進学カウンセリングが充実しているので、アメリカの大学や専門学校の進学を考えている人に最適。

語学学校の立地・周辺環境

FLSボストンコモンズは有名なボストンコモン公園の正面にあり、最寄駅から近いので通学に便利な立地です。

授業・特徴について

「Reading」「Writing」「Speaking」「Listening」の4技能すべてをバランス良くに学ぶ教育法を採用しています。

授業で学んだ歌や映画からテーマの単語やフレーズを選び、放課後にスタッフと一緒に単語を練習するアクティビティもあります。

さらにホームステイ先でファミリーと一緒にテーマフレーズを使う英会話の強化プログラムもあり、英語力を伸ばすためのユニークなカリキュラムも組まれてるのが魅力です。

コースについて

初心者から上級者まで、それぞれにあった多彩なコースを提供しています。

短期滞在者向けのコース、進学を目指す方向けの進学準備英語、TOEFL対策など。

語学学校の紹介動画

YouTube

おすすめポイント

  • 4週間ごとにテストを実施(英語力のアップを確認できる)
  • 短期留学むけの観光も楽しめる半日プログラムがある(Vacation English)
  • 総合的に英語を学べる

語学学校の基本情報

FLSボストンコモンズのロゴです
名称FLS Boston Commons(FLSボストンコモンズ)
国・都市アメリカ / マサチューセッツ州 / ボストン
学校形態語学学校
住所131 Tremont St., Suite #400, Boston, MA 02111
電話番号(617)695-3571
公式サイトhttp://www.fls.net/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/10853/
料金・コースの詳細はこちら

2. Language Studies International, Boston(LSIボストン)

Language Studies International, Bostonの生徒

経験と実績があるLSI(Language Studies International)のボストン校です。

語学学校の立地・周辺環境

チャイナタウンと劇場・金融街の間にあり、地下鉄駅やバス停から近いところに位置しているので交通の便もいいです。

観光地にも近い便利なロケーションで、放課後にボストン美術館やクインシー・マーケット、ジョンFケネディ図書館などに行くことができます。

コースについて

一般英語コースのほかに、TOEFL試験準備レッスンやケンブリッジ検定受験準備コース、社会人向けやジュニアコースもあります

一番人気のコースは、週30レッスンのセミインテンシブコースです。

通常のクラスに加え、興味とレベルにあった選択授業と、アカデミックワークショップ(発音矯正クリニック、カンバセーションパートナー、ホームワーククラブ、コンピューターラボの利用など)を受講できます。

語学学校の特徴

一人ひとりの目標やにあわせて、最適なプログラムが見つけられる語学学校です。

進学希望者は進学カウンセリングが受けられ、 LSI提携大学及びカレッジへの条件付き入学確認書(LOA)を発行してくれます。

語学学校の紹介動画

YouTube

おすすめポイント

  • 小規模でアットホームな語学学校
  • アクティビティをよく開催しており、国際交流も盛ん
  • 最適の設備が整っている(学生用の図書室、コンピュータールーム、ラウンジなど)

語学学校の基本情報

ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル・ボストン校のロゴです
名称Language Studies International, Boston(ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル・ボストン校)
国・都市アメリカ / マサチューセッツ州 / ボストン
学校形態語学学校
住所105 Beach St, Boston, MA 02111 アメリカ合衆国
電話番号+1 617-542-3600
公式サイトhttp://www.lsi.edu
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/10881/
料金・コースの詳細はこちら

3. English Language Centres, Boston(ECボストン校)

English Language Centres, Bostonの授業風景

「英語勉強+α」を経験したい方や社会人にもおすすめの語学学校です。

語学学校の立地・周辺環境

語学学校の場所は、レンガ造りのボストンの古い町並みが残るビーコンヒルのエリアにあります。

コースについて

英語と一緒に音楽やダンスを学べたり、シニア向け、ビジネス英語などのニーズあったコースがあります。

長期留学むけアカデミックコースもあり、選択肢が多いです。

語学学校の特徴

日本人のほかにヨーロッパ各国、サウジアラビア、中国、韓国といった幅広い留学生がいます。

また、地元の大学生と関われる機会もあり、学生の街ボストンの特色をいかしてる語学学校です。

語学学校の紹介動画

YouTube

おすすめポイント

  • 少人数クラス(平均9人)が特徴で、レベル分けは12段階
  • 滞在方法はホームステイとアパートメントもあり
  • コースの種類が幅広い

語学学校の基本情報

EC イングリッシュ・ランゲージ・センターズ・ボストン校のロゴです
名称EC English Language Centres, Boston(EC イングリッシュ・ランゲージ・センターズ・ボストン校)
国・都市アメリカ / マサチューセッツ州 / ボストン
学校形態語学学校
住所1 Faneuil Hall Square Boston MA 02109
電話番号+1 (0) 617 247 3033
公式サイトhttp://www.ecenglish.com/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/12156/
料金・コースの詳細はこちら

スポンサーリンク

ボストン語学学校の申し込み手順・注意点

ボストンの街並み

アメリカ・ボストン留学の語学学校を決めるところから、申込みまでの手順を確認します。

入学申し込みの期限は?

手続きの開始は必ず早めに行うことが鉄則です。

出発の3ヶ月前には入学手続きをしましょう。

1.コースと期間を決める

受講するコースと、期間を決めます。ボストン留学は最短1週間からの留学が可能です。

もちろん、6ヶ月以上の留学も可能ですが、途中で変更やキャンセルをしたくなっても返金されないリスクもあります。

留学中に英語のレベルや目的も変わりやすいので、途中で延長やコースの変更をする方法もおすすめ。

  1. 期間やコースで迷ったら、申し込み前に語学学校のスタッフや留学エージェントに相談してみよう!

    キリン先輩

【注意点】事前に祝日を確認する

学校の長期休暇となる期間を必ずチェックして、申し込む期間と重なっているかどうかの確認を忘れずに!

1週間コースを申し込んだのに、学校の休暇と重なって授業が3日しかない、なんてことも...!

長期留学の方も、基本的にアメリカの祝日は学校が休みになるので注意が必要です。また、ボストンがあるマサチューセッツ州独自のお休みがないかも確認することをおすすめします。

  1. 語学学校や留学エージェントに確認すると教えてくれるよ!

    キリン先輩

2.滞在方法を決める

留学中の滞在方法を決めます。ボストン留学での滞在方法は、ホームステイ、学生寮、ルームシェア、ホテルがあります。

語学学校が紹介しているのは、ホームステイと学生寮が多いです。

希望の滞在方法はあるかも要チェックです。学生寮は1人部屋か複数人部屋で選べます。

1人部屋でも、専用のバスルーム付きの部屋か、バスルームは他の人と共有かを選ぶことができる場合もあります。

【注意点】滞在先の立地を確認

語学学校との距離や周辺の治安も聞いておくと安心です。

現地に行ってから慌てないように、通学にどれくらいかかるのか、公共交通機関を利用するのかを確認しましょう。

3.見積もりを取り寄せる

コースと期間、滞在方法を決めたら、語学学校に見積もりの依頼をします。実際に何にどれくらいの費用がかかるのかを明確に把握します。

留学エージェントを利用する場合は、語学学校の費用以外に仲介料やオプションサービス、為替レートの確認が必要です。

4.入学申し込み

現在、ほとんどの語学学校は、ウェブサイトからオンライン申し込み可能です。

Apply、Registration、Register、Enrollment Information といった項目から入学申し込みフォームに飛べるので探してみましょう。あとは必要事項を入力するだけ!

入力の仕方は、「留学手続きを解説!実はとってもカンタンな語学学校の申込書の書き方」を参考にしてください。

【注意点】規約・キャンセルポリシーを確認

申し込みの際に絶対に確認してほしいのが、語学学校の規約と、キャンセルポリシーです。

いつまでのキャンセルなら全額無料でできるのか、必ず把握しておきましょう。

  1. 留学エージェントを利用する場合は語学学校ではなく、留学エージェントの規約・キャンセルポリシーが適用されるよ

    キリン先輩

5.請求書の受け取り・学費の支払い

入学許可証を受け取るためには、申し込みと同時に申し込み金を払う必要があります。

この時に授業料全額を請求する語学学校と、入学申請料と滞在手配料のみの語学学校があります。後者の場合は入学許可証・請求書を受け取ったあとに、残りの金額を支払いします。

一般的には、クレジットカード番号で支払うか、銀行窓口での海外送金での支払いが多くなっています。

【注意点】入学許可証の内容ミス

語学学校から送られる各種書類はすべて、内容にミスがないかを確認しましょう。

  • 名前のスペル
  • 申し込んだコース名
  • 留学期間
  • 飛行機の到着時間
  • 滞在方法

早めに気づかないと、後からの変更が難しくなりトラブルが生じる可能性もあります。

6.ビザ申請

アメリカに入国してから90日以内の滞在であればビザ申請は不要ですが、ESTA(電子渡航認証)の取得が必要です。

オンラインで申請・取得可能ですので、渡航1週間前までには済ませましょう。

90日以上の滞在する場合は学生ビザの申請が必要です。

学生ビザの場合は、必要書類を揃えて、渡航3ヶ月前にはを開始しましょう。

ビザの申請方法は予告なく変更されることも多いため、都度、アメリカ大使館や移民局のウェブサイトで最新情報を確認しましょう。

【注意点】受講時間数に注意!

90日以内の滞在であればビザは不要ですが、90日以内でも、週18時間以上のコースを受講する場合には、学生ビザが必要となります。

ビザ申請には、アメリカ大使館での面接や英文残高証明の取得などの準備が必要になります。

短期の渡航で、渡航前準備に手間を掛けたくない場合は、週18時間未満のビザが必要ないコースを選択しましょう。

7.航空券を購入する

語学学校の申し込みが完了次第、航空券を購入します。早めに購入すればするほど、安価なチケットが手に入ります。

【注意点】スケジュール変更に要注意

2022年9月現在、日本からボストン行きの直行便はJALが運航しています。

経由便の場合は、経由先やトランジットの時間をよく確認しましょう!

また、新型コロナウィルスの影響で運休・減便されている可能性があるため、選択肢が限られている可能性があります。

8.留学保険に加入する

何が起こるか分からない留学には、留学保険の加入は欠かせません。

クレジットカードに付帯されている保険もありますが、滞在先でのトラブルもカバーさたり、医療面でのサポートも付いてくる留学保険の加入をおすすめします!

おすすめはオンラインだけで申し込みができ、保険料金も良心的な「たびほ」です。

9.必要書類の確認

渡航日が2週間を切ったら、荷物の準備の他に、必要書類の最終チェックを行いましょう。

  • 入学許可証
  • 授業料支払いの領収書(レシート)
  • 滞在先確認書
  • 空港送迎確認書
  • ビザ
  • 留学保険/海外旅行傷害保険加入証
  • Eチケット(航空券)

上記の書類はすべて印刷し、すぐに取り出せるよう、手荷物に入れて渡航してください。

とくに、空港送迎確認書に記載されている緊急連絡先は直ぐに取り出せるようにしておきましょう。どこかにメモしておくのも良いアイデアです。

フライトの遅延などで到着時間が遅れそうな時は、分かった時点ですぐに、緊急連絡先に連絡をしましょう。

滞在先確認書と空港送迎確認書は、渡航1週間前を目安に届く学校が多いですが、2週間前の時点でまだ届いていない場合は、早めに送ってもらえるよう、学校へ連絡しましょう。

【注意点】WhatsAppをインストールしておこう!

空港送迎を申し込んでいる場合、ドライバーとのやり取りにWhatsAppを使用するケースが多いです。

日本の携帯電話から空港の無料WIFIに接続すれば、WhatsAppでメッセージのやり取り、通話が可能です。

日本で主流のLINEには対応していない場合が多いので、渡航前にWhatsAppをダウンロードしておきましょう。

空港送迎を申し込んでいない場合でも、その後の学校生活で利用する機会が多いです。

10.念願の語学学校での留学スタート!

ここまでの留学準備、よく頑張りました!
あとは留学生活をとにかく楽しみましょう!!

アメリカ・ボストン留学のおすすめ留学エージェント

アメリカおすすめ留学エージェント11選!アメリカ留学のエージェントを比較」では、下記の項目も解説しているので参考にしてください。

  • 留学エージェントの特徴
  • 留学エージェントの注意点
  • 留学エージェントの選び方

個人手配のサポートサービスがおすすめ

ラングペディア

学校を決めるところから、入学まで。初めての留学だと、やっぱりちょっと不安も残るのが正直なところかなと思います。

「語学学校、結局自分に合うのがどこなのか分からない…」
「ミスなく入学申し込みができるか不安…」

そんな人でも、留学はできます。

特におすすめなのは、全てのステップを日本語でサポートする留学の個人手配サポート「ラングペディア Langpedia」です。

学校診断・留学相談から、入学手続きの書き方チェックまで、丁寧なサポートを行います。語学学校からお金を頂く仕組みなので、利用は完全無料です!

  1. 新型コロナウイルスの感染拡大により、学生数や国籍比率、料金等が変動しやすい情報についても聞けるよ!

    キリン先輩

参考記事

手っ取り早く自分に合う学校を知りたい、一押しの学校だけをカンタンに教えて欲しい方は、下記の無料の学校診断やLINE相談を利用されることをおすすめします。

\ LINE相談 /

【無料】留学の相談をしてみる
学校診断(無料)

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • 語学学校
  • 短期留学
  • アメリカ留学
  • EC イングリッシュ・ランゲージ・センターズ・ボストン校
  • ボストン・スクール・オブ・モダン・ランゲージズ
  • ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル・ボストン校
  • ボストン留学
  • FLSボストンコモンズ

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!