【CBEAスタッフにインタビュー】研究職から学校スタッフへ!フィリピンで叶えた海外就職

481

View

Cebu Business English Academy

Cebu Business English Academy(CBEA)は、フィリピン・セブでは珍しい、通学型の語学学校です。
1日中みっちり英語レッスンを行う他の多くの語学学校とは違い、1日1コマからの受講が可能です。留学生はもちろん、駐在でフィリピンに滞在している方や、小さなお子様からシニアの方まで、無理のないペースで、英語を身につけることができます。
CBEAの立ち上げから学校運営に携わっている本田さんに、フィリピンで学校運営に携わるようになった経緯や学校への思いをお伺いしました。

※本ページはプロモーションが含まれています

諦めずに掴んだ憧れの海外就職

Cebu Business English Academy外観
Cebu Business English Academy

▼CBEAスタッフ・本田さん、プロフィール

  • 長崎県壱岐市出身
  • 長崎大学 工学部 大学院を卒業(工学部/材料を研究する学部)
  • 新卒:研究職、技術職として就職
  • 転職1回目:セブ島へのベンチャー企業へ転職
  • 転職2回目:日本に帰国し、エネルギー関連会社に 5年勤務
  • 転職3回目:現職(日本とセブを往復)
  1. 大学・大学院は、外国語学部など海外に関わりがある学部ではなく、工学部を修了されたのですね。

    ラングペディア
  1. 本田さん

    はい。大学ではしっかり勉強したかったので、研究室が厳しいと言われる工学部を選びました。
    その後、新卒で入った会社では、プラスチック、ゴム、エラストマーなど素材を研究していました。ナノテクノロジーの分野も使うことが出来るので、とても興味深く面白かったです。

  1. 大学で学んだ知識も活かせ、興味がある研究ができる環境だったにもかかわらず、フィリピン・セブの企業へ転職されたのは、なぜですか?

    ラングペディア
  1. 本田さん

    海外出張が多かったことから、海外就職に憧れを持つようになりました。海外支社勤務の希望を出したのですが、叶わず、30歳手前で思い切ってセブ島就職に挑戦しました。
    この時は、海外で仕事したいという思いだけで転職を決意し、転職サイトで一番上に出てきた会社に応募しました。

  1. 猪突猛進ですね。
    それで、その会社には採用されたのでしょうか?

    ラングペディア
  1. 本田さん

    はい。フィリピンにあった語学学校やオンライン英会話、不動産を運営する日系の会社へ転職し、語学学校の立ち上げに携わりました。
    残念ながら、その語学学校はもう閉校してしまったのですが、入社6ヶ月目から2016年まで、マネージメントを担当していました。
    この時の部下が、今の会社のCEOです。

  1. そういう縁があって、一度は日本に帰国してエネルギー関連会社に勤務された後に、再びフィリピンと関わることに繋がったのですね。

    ラングペディア
  1. 本田さん

    そうですね。コロナがきっかけで再び転職し、2019年のCBEA設立当初から、現職に就いています

  1. かつての部下の方との縁以外にも、CBEAへ転職しようと思った決め手はあったのですか?

    ラングペディア
  1. 本田さん

    学校の運営経験を活かせるという点と、学校の立ち上げステージだったという点が決め手になっています。

    かつての経験を活かして、日本から、お客様対応やスケジュール管理、生徒様から講師へのリクエストの伝達など、生徒様と学校の橋渡しのようなことをやっています。
    その他、ホームページの制作やSNSの管理、資料作成、セブ島での住居のご案内(空き部屋調査や内覧調整)なども行っています。

  1. 今は日本とフィリピンを行き来する勤務体系だそうですが、どれくらいの頻度でフィリピンに行かれれるのですか?

    ラングペディア
  1. 本田さん

    今は、2カ月に1回ほどフィリピンに行くような形です。
    フィリピンには別の事業を担当している日本人スタッフがいるので、必要に応じて、スタッフが教室に行き、生徒さんのケアを行っています。

フィリピンで働くことの良さと難しさ

Cebu Business English Academy授業風景
Cebu Business English Academy
  1. 最初にフィリピンの語学学校へ転職した際は、不安はありませんでしたか?

    ラングペディア
  1. 本田さん

    初めてのセブ島への渡航の日は、とても不安でした。
    当時のセブ島の空港はとても古く、清潔感もなかったため、到着時には正直帰りたいなと思ってしまいました。
    ただ、職場がITパークというエリアで、このITパークが非常に都市化されてきれいなエリアだったため、一気に不安がなくなった思い出があります。

  1. 言葉の面はいかがでしたか?

    ラングペディア
  1. 本田さん

    言葉の壁は想像以上に大きかったです。
    伝えたと思っていても、私の英語力の問題で伝わっていないということもありましたし、お互いの勘違いなどもあり、認識がずれていたということも多々ありました。
    今は、お互いにダブルチェック、トリプルチェック、リマインドをし、認識のずれを無くすようにしています。

  1. その他に、フィリピンならではの困ったことがあるそうですね?

    ラングペディア
  1. 本田さん

    日本ではあり得ないのですが、フィリピンでは、祝日が突然決まることがあります。
    この点は今でも困惑しています(笑)

  1. それは確かに困惑しますね。
    ラングペディアでも、突然、フィリピンの学校から祝日の連絡が来て、留学予定者の対応に慌てることがあります。

    逆に、フィリピンに来て良かったと感じるところはありますか?

    ラングペディア
  1. 本田さん

    学習面では、日常生活でも英語の勉強になりますし、日常生活では気軽にリゾートを楽しむことができます。
    マッサージも安いですので、日本の贅沢を気軽に体験できるという点はとても良い点だと思っています。

学校周辺おススメスポット

Maretes CAJUN Seafood
Maretes CAJUN Seafood
  1. フィリピンではマッサージが安いというお話が出ましたが、学校周辺で、本田さんがよく行くレストランなどはありますか?

    ラングペディア
  1. 本田さん

    Maretes Cajun Seafoodというレストランがあり、ここのシュリンプバケットは美味しくておすすめです。
    ITパーク周辺のレストランなので学校からのアクセスも良いです。代理店さんや生徒さんを連れて行くととても喜ばれます。手袋をはめて素手で豪快に食べる料理が人気で店内もとてもおしゃれです。

Maretes CAJUN Seafood
Maretes CAJUN Seafood

スポンサーリンク

CBEAの特徴

Cebu Business English Academy生徒
Cebu Business English Academy
  1. 改めて、CBEAはどんな学校ですか?

    ラングペディア
  1. 本田さん

    CBEAは、セブでは珍しい通学タイプの語学学校で、気軽に通学できる英会話教室をコンセプトにしています。
    ほとんどの方が2時間から4時間のコースを受講されており、週に2回、3回と曜日を決めて通学されている方もいらっしゃいます。
    日常の空いている時間で、無理なく長期間に渡り学習することができる学校です。

    また、経済的にも気軽に学習していただけるよう授業料は極力抑えています。
    宿泊先も、賃貸のご紹介ができますので、トータルで考えてもかなりお安くお費用を抑えていただけるよう、現地での生活も含めてサポートしております。

  1. 今までにCBEAに通った生徒さんの中で、特に印象に残っている方はいますか?

    ラングペディア
  1. 本田さん

    中学生の生徒さんが一番印象に残っています。
    そのお子さんは、渡航されて1週目は、
    つらい。こんなにつらいことは人生で初めて。帰りたい。つらい。
    と言っていたのですが、翌週には、楽しそうにセブ島生活を楽しまれていました。
    変わったきっかけは、慣れもあったと思いますが、週末に学生同士でビーチリゾートに行き、リフレッシュが出来たことが大きかったようです。

    学校でもアクティビティを不定期で計画しているので、是非参加して他の学生と仲良くなってください。
    先日は、パジャマパーティを行い、大盛況でした。

本田さんからメッセージ

Cebu Business English Academy生徒と講師
Cebu Business English Academy
  1. どんな方にCBEAに来てほしいですか?

    ラングペディア
  1. 本田さん

    海外での生活体験をされたい方、費用を抑えたい方、親子留学の方、セブ島に移住したい方、セブ島でお仕事されている方、長期間に渡り無理なく学習を続けたい方に来ていただきたいと思っています。
    また、セブでは珍しい通学型の学校ですので、滞在先を自己手配したい方に多くご利用頂いております。

  1. さいごに、留学を考えている人・迷っている人にメッセージをお願いします!

    ラングペディア
  1. 本田さん

    フィリピンのセブ島は、日本の方にとっては生活しやすい環境だと思います。治安も良いですし、気候は日本の夏に近いですが、蒸し暑さがなく、過ごしやすい気候だと思います。
    多くの日本人がセブ島で仕事をしており、移住されている方もたくさんいらっしゃいます。
    日本から一番近い英語圏がフィリピンです。環境が不安な方は、まずは旅行で来比されてみてください。

Cebu Business English Academy(CBEA)の基本情報

創立年2019年
住所Crown7 Buliding 2 Floor, Pope John PaulⅡ, Mabolo, Cebu City, Cebu 6000 Philippines
電話番号+6332-402-3087
学生数15~30名
国籍割合韓国 10% / 台湾 5% / アラブ首長国連邦 40% / 日本 45%
教員数30名
スタッフ数1~3名
日本語対応
施設無料Wifi / 休憩室
ウェブサイトhttps://cebu-business-english-academy.com/

※ラングペディアが学校に確認した段階での情報です。変更されている可能性があります。

CBEAへの問い合わせはコチラ

Cebu Business English Academy(CBEA)についてもっと知りたい方、質問や見積もり依頼がしたい方は、下記のボタンから可能です!

セブ・ビジネス・イングリッシュ・アカデミーのロゴです
名称Cebu Business English Academy(セブ・ビジネス・イングリッシュ・アカデミー)
国・都市フィリピン / セブ
学校形態語学学校
住所Crown7 Buliding 2F, Pope John PaulⅡ, Mabolo, Cebu City, Central Visayas, Philippines
電話番号+6332-402-3087
公式サイトhttps://cebu-business-english-academy.com/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/15784/
留学の相談をする(無料)

\ LINE相談はコチラ /

【無料】LINE相談

▼関連記事

失敗しない!留学プランを【無料で】知りたい方

留学の個人手配サポート「ラングペディア」がオススメの語学学校を無料で提案します。

必須興味がある国(複数選択可)
必須予定の渡航時期
 年   頃
質問・ご要望
必須お名前
必須メールアドレス
携帯メールなどフィルタ設定をご確認ください

個人手配サポート「ラングペディア」の利用規約 及び プライバシーポリシー に同意する。

1営業日以内にラングペディア(support@langpedia.jp)から返答致します

この記事に関するキーワード

  • インタビュー
  • セブ・ビジネス・イングリッシュ・アカデミー

この記事を書いた人

Langpedia
Langpedia

語学留学の個人手配をサポートする留学サービス「Langpedia(ラングペディア)」です。

https://langpedia.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!