ワーホリにお勧めの留学エージェント8選!失敗しないワーホリの留学エージェント選び

15983

View

ワーホリに興味があるけど、留学エージェントはどうしよう?正直どれを選んだらいいか分からない!そんな人のためにワーホリにお勧めの留学エージェントを紹介します。留学エージェントを利用する上での注意点やデメリットもお伝えするので、これからワーホリしたい人はぜひ参考にしてください。

※本ページはプロモーションが含まれています

ワーホリにおすすめの留学エージェントはあるの?

ワーホリエージェントのQ&A図解1
  1. ペンギンちゃん

    ・ワーホリに興味があるけど、留学エージェントはどうしよう?
    ・正直どれを選んだらいいか分からない!
    ・ワーホリってエージェントを通さないと手配できないの?

と、悩んでいませんか?

本記事では、自分に合った留学の手配方法が見つけるために、ワーホリの留学エージェントの特徴を解説します。

本記事でわかること

  • 留学エージェントのメリット・デメリット
  • ワーホリのエージェントを選ぶポイント
  • ワーホリにおすすめのエージェント
  • 留学エージェントを利用しない方法

ワーホリのおすすめエージェント8選の特徴

留学エージェント特徴図解

まず最初に各留学エージェントの特徴を表にまとめました。各留学エージェントの詳しい情報は後ほど紹介します!

今回はワーホリで人気のカナダやオーストラリア専門の留学エージェント、サービスに特徴がある留学エージェントを厳選しました。

ワーホリにおすすめの各留学エージェントを比較

会社名/屋号特徴
1.ラングぺディア個人手配をサポートする無料サービス
2.スマ留オリジナルプランが多く、ワーホリ向けのプランもあり
3.留学ジャーナル英語圏だけでなくフランスのワーホリもサポート
4.マイルストーンカナダ留学センターカナダ留学・ワーホリ専門の留学エージェント
5.オーストラリア留学.netオーストラリア留学・ワーホリ専門の留学エージェント
6.成功する留学35年以上の実績がある留学エージェント
7.夢カナ留学オーダーメイドの留学プランあり
8.ISS留学ライフ24時間体制のサポートデスクあり

ワーホリにおすすめの留学エージェント

複数のワーホリ対象国のサポートしてるエージェントや、現地エージェント、個人手配をサポートしている会社まで幅広く紹介します!

おすすめ1:個人手配サポート「ラングペディア」

個人手配サポート「ラングペディア」のトップページです
 
手配可能なワーホリ対象国カナダ・オーストラリア
ニュージーランド・イギリス・アイルランド

ラングペディアは、生徒が直接学校に手続きする個人手配をサポートする無料サービスです。厳密には留学エージェントではありませんが、エージェントと同様に留学手続きのサポートをしてもらえます。

  • 一人で手続きするのが心配
  • エージェントを利用するのが不安
  • 余計な費用を抑えて少しでも安く留学したい!

このような希望を持った人に、まさにぴったりの留学サポートサービスです。

おすすめポイント

留学エージェントを利用すると、エージェントと学校のキャンセル規定にそれぞれサインする必要があります。新型コロナなど不測の事態の際、トラブルのリスクが高まります。

それに対してラングペディアであれば、個人手配なので学校のキャンセル規定だけサインすればOKです。個人手配だからこそ余計なリスクを回避できるメリットもあります。

基本情報

会社名/屋号Langpedia(ラングペディア)
住所東京都品川区西五反田一丁目26番2号 五反田サンハイツ911
設立2016年9月
ウェブサイトhttps://langpedia.jp/
【無料】留学の相談をしてみる

おすすめ2:スマ留

スマ留公式バナー

年間利用料者数8,000人以上のスマ留は、語学学校の「空き時間」や「空き場所」を利用することによって
留学費用を従来の最大半額に抑えることを実現した人気の留学エージェントです。※

スマ留の各国の留学では国と期間さえ決まれば料金が決まり、
あとは同一価格で自由に学校を選ぶことができるので、
よりシンプルに安く留学をすることが可能です!

※2020年及び2023年に実施した業歴10年以上の複数の競合他社を対象とする調査結果に基づく

 
手配可能なワーホリ対象国カナダ・オーストラリア
ニュージーランド・イギリス・アイルランド

おすすめポイント

株式会社日本旅行の海外グループ会社「TASKAL」と業務提携し、留学中のトラブルに365日24時間で対応できる、ネット完結型危機管理サービス『留学110番』を導入しています。

無料カウンセリングはオンラインにも対応。
全国から相談可能なので、コロナ情報をはじめとする現地の最新情報からなんでも気軽に相談できます。

スマ留ワーホリ準備プログラム

スマ留ワーホリ準備プログラム

フィリピンセブ島で英語力の基礎を固めてから、ワーホリへ出発できるプログラムになっています。

ワーホリに行きたいけど英語力が自信がない方におすすめのプランです。

基本情報

会社名/屋号株式会社リアブロード(Re-abroad INC)
住所オフィス:東京都渋谷区代々木2丁目11-17 ラウンドクロス新宿6階
設立2014年12月
ウェブサイトhttps://smaryu.com/

おすすめ3:留学ジャーナル

留学ジャーナル公式ページのスクリーンショット

日本の主要都市にオフィスがある大手留学エージェントです。

世界各国の留学を取り扱っており、英語圏だけでなくフランスのワーホリのサポートもしています。

 
手配可能なワーホリ対象国カナダ・オーストラリア・イギリス
ニュージーランド・アイルランド・フランス

おすすめポイント

定期的にワーホリに興味がある人向けに説明会や、キャリアアップのセミナーを開催しています。

ワーホリがどういったものなのか、まだ調べ始めたばかりの人におすすめです。

基本情報

会社名/屋号株式会社 留学ジャーナル
住所東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル 6階
電話番号0120-890-987
設立2003年9月
ウェブサイトhttps://www.ryugaku.co.jp/

おすすめ4:マイルストーンカナダ留学センター

マイルストーンカナダ留学センター公式サイトのトップページです

マイルストーンカナダ留学センターは、カナダの留学とワーホリをサポートするカナダ専門の留学エージェントです。

東京(日本)だけでなく、現地のバンクーバーとトロントにオフィスがあり、渡航前と渡航後のサポートを受けられます。

おすすめポイント

カナダはワーホリビザ以外にも、学校に通いながらアルバイトができるCo-opプログラムがあります。

そのCo-opプログラムのサポートも行っており、ワーホリとどっちがいいか相談できます。

基本情報

会社名/屋号Milestone Education Inc / マイルストーンカナダ留学センター
住所バンクーバー: 655 - 409 Granville Street, Vancouver BC
トロント: 612 - 600 Sherbourne St Toronto, ON
東京: 東京都新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿SOUTHビル6階
電話番号バンクーバー: 604-623-2800
トロント: 647-473-2409
営業時間バンクーバー/トロント: 月〜金 10:30~17:30(土日・祝日休み)
設立2012年7月
ウェブサイトhttp://milestonecanada.com/

おすすめ5:オーストラリア留学.net

オーストラリア 留学エージェント

オーストラリア留学.netは、オーストラリア留学・ワーホリ専門のエージェントです。

希望に合うプランを紹介するほかに英語のレベルチェックし、英語力を確認してから適切なプランを作ってくれます。

おすすめポイント

ワーホリ前に留学費用が安いフィリピンで英語を学ぶ2カ国留学も可能です。

クイックプラン、キャリアワーホリプランなど留学・ワーホリのプランが豊富で、自分にあったプランを選べます。

基本情報

会社名/屋号WATERFRONT AGENCY LIMITED / オーストラリア留学.net
住所大阪府大阪市中央区北浜3-2-25京阪淀屋橋ビル8階
設立2012年
ウェブサイトhttps://ryugaku-au.net/

おすすめ6:成功する留学(旧:地球の歩き方)

成功する留学

成功する留学は、ST Star AwardsアジアNo1.留学エージェントを5回受賞した留学エージェントです。

35年以上の留学支援実績があり、経験豊富なカウンセラーが希望にあったプランで留学をカスタマイズしてくれます。

おすすめポイント

英語学習アドバイザーがマンツーマンで英語学習のサポートをしてくれます。

17か国700校以上の提携校があり、自分にあった学校を見つけることが可能です。

基本情報

会社名/屋号GIO CLUB株式会社(GIO CLUB Co., Ltd.)
住所〒103-0028 東京都中央区八重洲一丁目2番16号 TGビルディング 8階 xBridge-Tokyo内
設立1999年
ウェブサイトhttps://www.studyabroad.co.jp/

おすすめ7:夢カナ留学

夢カナ留学HPスクショ

夢カナ留学は、「実質0円留学」を掲げる留学エージェントです。

ワーキングホリデーの制度を有効活用し、海外で収入を得ながらの留学を提案しています。

おすすめポイント

オーダーメイドの留学プランを組み立ててもらうことができ、カウンセリング予約をすると返済不要の「留学奨学金」がもらえます。

基本情報

会社名/屋号株式会社Jstyle(ジェイスタイル)
住所東京都新宿区新宿6-29-8 新宿福智ビル4階
設立2016年(平成28年)12月2日
ウェブサイトhttps://ryugaku.yume-kana.com/

おすすめ8:ISS留学ライフ

ISS留学ライフHPスクショ

世界12ヶ国、22都市の現地オフィスで現地生活のサポートを受けられます。

複数のISS留学ライフ限定プランを提供しているため、自分にあったプランを探すことができます。

おすすめポイント

24時間体制のサポートデスクがあるので、緊急時でも安心です。

現地銀行口座開設、部屋探しや仕事探しなどトータルでサポートしてくれます。

基本情報

会社名/屋号株式会社国際交流センター
住所東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル B2F
設立1990年12月20日
ウェブサイトhttps://www.iss-ryugakulife.com/

これは外せない留学エージェントを選ぶ3つのポイント

留学エージェント
William Iven by Pixabay

エージェントの当たり外れはありますが、ワーホリや留学経験がなくてもカウンセラーになれるのでカウンセラーの当たり外れもあります。

1. 目的にあったプランがあるか

留学と同様にワーホリもビジネス英語に特化した語学学校や、バリスタコースがある学校まで幅広い選択肢の中から選べます

しかし、中には利益率が高いオプションがセットになったワーホリプランや、語学学校を優先的に紹介するエージェントもあります。

ヒアリングをあまりしない、紹介してくれる語学学校またプランが少ない場合は、エージェントにとって都合の良い案内の可能性も...!

  1. ペンギンちゃん

    比較するために1社だけでなく、2〜3社に相談するといいみたい!

2. 見積もりの内訳の詳細があるか

無料エージェントでもすべてが無料ではありません。とくにワーホリは現地でのサポートサービスや仕事の斡旋など、有料のオプションサービスが豊富です。

また語学学校の費用には、授業料、入学金、教材費、送金手数料など細かい内訳があります。一つひとつの項目でいくらかかっているのか、有料オプションが必要か、しっかり確認しましょう。

3. ワーホリ開始までの流れが明確か

申し込み前は熱心に連絡をくれたのに、お金を支払った途端に連絡が少なくなる留学エージェントもあります。

とくにワーホリは、国ごとに条件やビザ申請の締め切りが異なります

そのため、ワーホリ開始までの必要な準備と明確なスケジュールの案内、どんなサポートをしてくれるのかを伝えてくれるエージェントがおすすめです。

現地サポートを利用する場合は、料金や具体的なサポート内容を確認しましょう。

スポンサーリンク

留学エージェントを利用しなくてもワーホリはできる

ワーホリ
Jan Vašek by Pixabay

ワーホリはエージェントを通さないと手続きできないのでしょうか?先に結論をお伝えすると、留学エージェントを利用せずにワーホリの手続きはできます。

1. ビザ申請は代行サービスを利用する

そもそも語学学校に通わないのであれば、留学エージェントは必要ありません。

ビザ申請のみを依頼したいのであれば、ワーホリビザの申請代行サービスを利用しましょう。もちろん、代行サービスを利用せずに自分でビザ申請することも可能です。

  1. 語学学校に通うか迷っている人は下記の記事を参考にしてね

    キリン先輩

⬇︎参考記事

2. 学校に直接申し込みをする

学校のWEBサイトにお申し込み・お問い合わせフォームがあります。そこから直接問い合わせし、留学費用の確認、留学の申し込みをすることができます。

ワーホリできる各国のにある英語学校(語学学校)は、日本人スタッフや日本語が話せるスタッフが在籍している学校がたくさんあります。

英語での問い合わせ方法については「自力で留学したい人は必見!語学学校への問い合わせ英文例」を参考にしてください。

当然、学校スタッフは自分たちを勧めてくるので、中立な立場からおすすめの学校を知りたい段階では、この方法はあまりおすすめしません。気になる学校を絞った段階で問い合わせしましょう。

  1. 学校診断で自分に合った語学学校を見つけてみよう!

    キリン先輩

\ 学校選びでお困りですか? /

【無料】学校診断サービス

3. 個人手配サポートサービスを利用する

まだ学校が決まっていない人は、LINEまたはメールでワーホリの語学学校について無料相談ができるサービスもおすすめです。

このサービスを利用すれば、留学エージェントに相談するように中立の立場からおすすめの学校を案内と手続きサポートしてくれます。実際の手続きは学校とやり取りする個人手配になります。もし分からないことがあれば相談ができるサービスです。

個人手配について知りたい人は「JASSOも推奨!自分の留学は自分で作る」を参考にしてください。

【無料】留学の相談をしてみる

\ LINE相談はコチラ /

【無料】LINE相談

⬇︎個人手配の参考記事

留学エージェントの注意点

留学エージェント
Photo by energepic.com from Pexels

留学エージェントの利用を検討している人は、実際に多くのトラブルが発生している事実をしっかり理解した上で利用することをおすすめします。

国民生活センターには1995年〜2004年までに3436件の相談があります。実際に留学エージェントの倒産によって多額の留学費用を支払ったのにも関わらず、留学に行けなくなった人が過去に1000人以上も存在しています。

上記の記事は、弁護士に確認をして執筆された留学エージェントに関する調査記事です。これらを参考しておけば、留学エージェントのトラブルに巻き込まれることを避けることができます。

トラブルに巻き込まれない為の10ヶ条

  • 【1】一括資料請求に要注意。留学エージェントから電話が来ることも
  • 【2】事前に留学エージェントをリサーチする
  • 【3】自分がイメージしている留学、受けたいサービスを明確にすること
  • 【4】契約する前に、複数の事業者を比較検討すること
  • 【5】事前に契約書(約款)を必ず読むこと
  • 【6】契約はよく考えて慎重に!クーリング・オフ適用なし
  • 【7】留学エージェントを使っても、留学代金は自分で学校に支払う
  • 【8】留学エージェント利用者自身も留学に関する知識を持つこと
  • 【9】それでもトラブルになってしまったら、消費生活センター等に相談すること
  • 【10】個人手配をする
  1. キリン先輩

そもそも留学エージェントって何をしてくれるの?

留学エージェント

留学エージェントを利用することでビザや語学学校の申し込み等をサポートしてもらえますが、ワーホリの場合は卒業後のことも考えなくてはなりません。

どこまでサポートしてほしいのか、どこまでサポートしてくれるのか、双方にズレが生まれないように最初に確認することをおすすめします。

留学エージェントのサポート内容

そもそもこの記事で紹介する「留学エージェントとは何か?」を紹介しますね。

留学エージェントとは、以下のサポートサービスの提供している留学の手続きを代行する会社のことを言います。

  • 留学の相談
  • 留学プランの提案
  • 学校の紹介・入学手続き
  • ビザ申請のサポート
  • 滞在先の手配
  • 航空券・保険の手配

留学エージェントによっては、仕事の紹介や面接の練習といったワーホリならではのサポートを実施している会社もあります。

ワーホリのサポートがある留学エージェント種類

  1. 留学エージェントには2タイプあるよ

    キリン先輩

タイプ1:現地エージェント

日本にはオフィスを持たず、カナダやオーストラリア、ニュージーランドにオフィスを持つ留学エージェントのことを「現地エージェント」と言います。

タイプ2:国内エージェント

東京、大阪、名古屋、福岡な日本の主要都市5〜6箇所に拠点がある留学エージェントです。

各エージェントの特徴

   
現地エージェント・現地の最新情報に詳しい
・現地サポートがある
・ワーホリ先の国の専門エージェントが多い
国内エージェント・時差関係なく留学相談ができる
・対面カウンセリングができる
・世界中の留学を取り扱っているエージェントが多い

ワーホリで留学エージェントを利用するメリット・デメリットは?

イメージ画像

何か自分にとってメリット・デメリットなのかを整理して、留学エージェントを利用するのか、個人手配するっっzのかを決めることが大切です。

留学エージェントのメリット

ワーホリのサポートをしている留学エージェントは、現地オフィスがある会社もあり、渡航後のサポートも実施しているところもあります。

緊急事態の対応や仕事の斡旋、海外生活のアドバイスをする現地サポートは初めての海外でも安心です。

中にはワーホリ向けのプランを提供している留学エージェントもあり、仕事の斡旋などサポートが含まれていたりします。

留学エージェントのデメリット

留学エージェントは提携している学校や滞在先を紹介するので、すべての語学学校やプランを手配できる訳ではありません。

利益の高い学校を優先的に紹介される場合もあるため、事前にどんな学校があるか調べておきましょう。

語学学校の中には面接の練習や履歴書の添削など、オプションクラスがあったりするので、そういった学校はないかを聞いてみるのもいいと思います。

あと間に留学エージェントが入るため、語学学校と直接やり取りするより時間がかかってしまうことも。

留学エージェント選びに迷ったら

本記事で紹介した留学エージェント以外に、留学やワーホリを取り扱っている留学エージェントはたくさんあります。

留学エージェントは便利な反面、会社によってはサポート費用や手数料がかかり、留学プランの選択肢が限られたりします。

無駄なサービスをカットするために、留学エージェントの様々なリスクを理解し、留学やワーホリの下調べをしましょう。

迷ったら個人手配サポート「ランぺディア」がおすすめ

個人手配サポート「ラングペディア」のトップページです

どうやって留学エージェントを選べばいい?」「留学エージェントを使わないでワーホリする方法はないの?」と感じた人におすすめなのが、個人手配サポートのラングペディアです。

個人手配」をコンセプトにしているので、もちろん余計な費用は一切かかりません。学校選びや留学プランの相談から、手続きサポートも受けられます。

留学エージェントと比較したり、自分に合った留学手続きの参考になれば嬉しいです。この記事を読む皆さんが、納得のいくワーホリになることを叶うことを願っています。

失敗しない!留学プランを【無料で】知りたい方

留学の個人手配サポート「ラングペディア」がオススメの語学学校を無料で提案します。

必須興味がある国(複数選択可)
必須予定の渡航時期
 年   頃
質問・ご要望
必須お名前
必須メールアドレス
携帯メールなどフィルタ設定をご確認ください

個人手配サポート「ラングペディア」の利用規約 及び プライバシーポリシー に同意する。

1営業日以内にラングペディア(support@langpedia.jp)から返答致します

このシリーズのほかの記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!