「ハンバーガー」は通じない?イタリアのファストフード店で使える実用イタリア語集

4333

View

スポンサーリンク

Wikimedia Commons

ここではイタリアでファストフード店に行く際に、覚えておくと便利なイタリア語の単語&フレーズについてご紹介します。

スポンサーリンク

はじめに~オーダーの仕方~

オーダーは「○○,per favore(○○ ペル ファヴォーレ/○○ください)」でオッケー。回転率の高い店ではシンプルなイタリア語を使うのが正解です。

店員から聞かれること

1.Mangi qui? Porti via?(マンジ クイ?ポルタ ヴィア?)

前者が「イートイン」後者が「テイクアウト」のことです。

2.Contorno?(コントルノ)

コントルノはサイドメニューのこと。「Cosa prendi come contorno?(コザ プレンディ コメ コントルノ /サイドメニューは何にしますか?)」と聞かれる場合もあります。

3.Bevanda?(ベヴァンダ)

ベヴァンダは飲み物のこと。こちらも「Cosa prendi come bevanda?(コザ プレンディ コメ ベヴァンダ /飲み物は何にしますか?)」と聞かれる場合もあります。

スポンサーリンク

要チェック!イタリア語訳されがちなアイテム一覧

1.ハンバーガー

ハンバーガーはイタリアでは「Panini(パニーニ)」と呼ばれています。英語の「ハンバーガー(Hamburger)」が使われることも増えましたが、会話上では「ァンブルゲル」とローマ字読みされるので、こちらも覚えておきましょう。

2.フライドポテト

フライドポテトはイタリア語で「Patatine(パタティーネ)」といいます。

3.ナゲット

ナゲットはイタリアでは「Crocchette di pollo(クロッケッテ ディ ポッロ)」と呼ばれています。ただし「Nugget(ヌゲット と発音)」でも通じます。

4.サラダ

サラダはイタリア語で「Insalata(インサラータ)」といいます。

5.果物ジュース

リンゴジュースやオレンジジュースなどの果物のジュース類はイタリア語で「Succo(スッコ)」といいます。

6.ソフトクリーム

ソフトクリームはイタリア語で「Cono(コーノ)」といいます。ソフトクリームと言っても(これは日本語のため)通じませんのでご注意!

7.セット

セットはイタリア語で「Menu(メヌ)」といいます。

最後に

観光に時間を割きたい方や、お金をセーブしたい方には便利なファストフード店。大手チェーン店にはイタリアならではの限定メニューもあるので、ぜひ気になる方はチェックしてみてください。

イタリアに住みたいなら

イタリアに住んでみたいと思ったことはないですか?
イタリアで働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。

  • 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法
  • 日本でどんなスキルを身につけるべきか
  • 英語の履歴書の書き方、面接対策

など、海外転職のハウツーについて徹底解説した記事を参考にして『イタリア生活』の可能性をぜひ確認してみてください!

イタリアで働く方法を知る

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Alitalia
Alitalia

アメリカに1年、イタリアに2年住んでいます。お料理と旅行・美味しいものの食べ歩きが大好きです♡特に大好きなカフェやスイーツ、お土産を探すのが大好きなので、おすすめ情報をたくさん発信できたらと思います☆゚・:,

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談